>

通学手段を考えておこう

電車やバスを確認しておこう

徒歩や自転車で通えない距離の学校に進む時は、電車などを使って行ってください。
時間をしっかり確認しておきましょう。
電車に乗り遅れると、学校に遅刻します。
時間を間違えていたと言っても、言い訳にはなりません。
遅刻しないよう、間に合う時間を見つけてください。
実際に自宅から駅まで、何分ぐらいかかるのか調べるのも良い方法です。

すると電車に乗り遅れることは避けられます。
雨や雪が降っている時は歩きにくくて、駅に着くまで時間がかかるかもしれません。
また天候が悪い時は、交通機関が乱れやすいです。
いつも乗っている電車では、授業が始まる時間まで間に合わない可能性があります。
天気を確認して、いつもより早く家を出るなどの工夫が必要です。

学校に近い住居を確保する

遠い距離の学校に行く場合は、毎日自宅から通うのは大変だと思います。
学校の近くにある賃貸を借りれば、通うのがずっと楽になります。
どうしても遠い学校に行きたいなら、賃貸を探してください。
そのためのお金も用意しなければいけません。
また、学校の寮に入るのも良い方法です。
寮なら賃貸を借りるときより安い料金で済みますし、ご飯を出してくれるところが多いです。

寮がある学校なのか、調べましょう、
学校の近くに住むことで、遅刻する可能性を減らせます。
遅刻ばかりしていたら、信頼性が低下して単位を獲得できなくなる恐れがあります。
賃貸や寮を借りて、1人暮らしをすることも視野に入れましょう。
それによって、進学に必要なお金が変わります。


この記事をシェアする